ソーラーシェアリング

 

ソーラーシェアリング

農地の上で、農業と太陽光発電システムを併用して安定した収入確保

日本の食料自給率は40%と言われています。

人が生きていくために必要な農業ですが、農業だけでは収益が不安定で生活に不安が残る。

これでは若い人が農業をしたがらないのも分かります。

農地の上にソーラーパネルを置くことで、太陽光発電収入が期待できるので、収入のめども立つ。

農地の荒廃を防ぎ、農業の振興を目指すには、ソーラーシェアリングがおすすめです。

木津川市であしたばと太陽光のソーラーシェアリング実施中。

     

農地をお持ちの方、農業をしながら太陽光売電収入で、安定した収入を確保しませんか?